乾燥肌の人が意識しておくべきドライヤーの使い方

ドライヤーを使うときはシートマスクで肌をガード

カラカラに乾くドライヤー

びしょびしょに濡れた髪を、瞬時に乾かしてくれるドライヤー

 

私たちの生活に欠かせない家電ですが、超乾燥肌の私としては、あのカラカラに乾いた風が直接顔に当たることはできるだけ避けたいことの一つです。

 

そこで私が実行している事は「ドライヤーを使うときは、シートマスクを顔に張り付けておくこと」です。

 

特にシャンプーの後など、長時間使用するときは、高保湿タイプで厚めのシートマスクを使います。

 

ドライヤーをかけ終えてもまだ湿り気が十分あって安心できます。

 

でも、以前あまりお金がないとき、しかたなく薄いシートマスクを使用したのですが、剥がすときにカラカラに干からびた状態で顔に張り付いていて、とてもびっくりしたことがあります。

 

こうなってしまうと、肌によかったのか悪かったのか、わからなくなってしまうので、ある程度の厚みがあり、水分が多めのマスクがおすすめです。

 

しかし、このことから「いかに激しく肌の水分が奪われているか」よくわかると思います。

 

乾燥肌の人はドライヤーを使用するときはしっかりと、お顔をガードすることをお勧めします。


このページの先頭へ戻る